タイ古式マッサージとは

タイ古式マッサージとは

タイマッサージは、約2500年前インドから仏教やその他のインド文化と共に伝えられたと言われています。

その中でもタイマッサージは、仏陀の主治医であったシカワ・コマラパが創造者とされており、仏教寺院にて仏陀の教えと共に伝統医学や薬草学(サムンプライ)を行い、人々を治療していました。

タイではこのシワカ・コパラマを『医学の父』と呼び、崇拝の対象としています。

タイ古式マッサージの特徴

生命エネルギーの経路である”セン”(パーリ語)に添って筋肉をほぐしていきます。

またストレッチの動作そのものが適度な運動になり、普段動かさない筋肉や関節に働きかける効果があります。

そのためタイ古式マッサージは『2人でするヨガ』『なまけもののヨガ』などと言われています。

カラダとココロのヒーリング

足の先からてっぺんまで人体に流れるエネルギーを呼吸に合わせてゆっくり刺激していき、自分でコントロール出来ない自律神経に働きかけることができます。

一時的な疲れをとるだけでなく、免疫力、ホルモンバランス。内臓の働きを向上させて体の中から体調を整え自然治癒力を高める効果があります。